製品技術部

エキスパート集団が、設計された製品についての特性評価を行っております。量産テスト開発を行い、量産ラインへのリリースのお手伝いをします。測定を行うためのテストボード、基板の自社開発を行っております。

基板は、最先端技術を用いて開発しており、受注開発にも対応できます。

テスター評価

半導体テストエンジニアが、デバイスの仕様、テスト条件に応じてテストプログラムの開発、テスト回路(プローブカード)設計、デバッグ、評価データ解析までのテスト業務を一貫して行います。

量産に必要なテストボード仕様書設計、組立配線に関するサポート、ソフトウェア開発による効率改善にも力を入れています。

業務フロー

写真:テスター評価のイメージ
  • テストボード仕様書作成
  • プログラム作成
  • デバッグ
  • 相関確認
  • 量産対応

製品技術部の業務範囲

開発フェーズ

STEP01 ▶
企画仕様検討
STEP02 ▶
LSI設計
STEP03 ▶
Wafer製造(試作向け)
STEP04 ▶
試作(組立/テスト)
STEP05 ▶
特性評価解析
STEP06 ▶
信頼性試験

量産フェーズ

STEP07 ▶
Wafer製造(量産向け)
STEP08 ▶
組立テスト・出荷
STEP09
市場対応


製品技術の評価行程

STEP01|設計評価

設計された製品が設計された通りに動いているかを最短で確認します。

STEP02|量産評価

充分な評価企画に基づき、様々な条件下におけるデバイスの動きを統計的にまとめご報告致します。
その評価結果に基づき、テストハウスでの量産対応まで行っています。
量産に必要なテストボードは自社開発・リピート対応を行っております。